沿革

ショーボンド建設

1958(昭和33)年
昭和工業株式会社として、東京都世田谷区に設立
資本金:50万円
1959(昭和34)年
土木建築用接着剤「ショーボンド」を開発
資本金:300万円
1960(昭和35)年
「ショーボンド」の製造・販売・施工に関する事業を開始
東京大学生産技術研究所などから「ショーボンド」製品の性能試験結果が良好と評価される
本社を東京都千代田区に移転
1963(昭和38)年
建設業者の東京都知事登録
商号を「株式会社ショーボンド」に変更
資本金:1,000万円
1964(昭和39)年
新潟地震により落橋した昭和大橋の復旧工事で、床版ひび割れの樹脂注入を担当、土木工事としての構造物補修の地位を固める
1969(昭和44)年
建設業者の登録を建設大臣(現国土交通大臣)許可に変更
資本金:7,000万円
1975(昭和50)年
商号を「ショーボンド建設株式会社」に変更
本社を東京都新宿区に移転
資本金:4億6,000万円
1977(昭和52)年
埼玉県大宮市(当時)に技術研究所を設立
資本金:5億5,000万円
1987(昭和62)年
東京証券取引所第二部に株式を上場
資本金:25億4,500万円
1989(平成元)年
東京証券取引所第一部銘柄に指定
資本金:53億8,420万円
1991(平成3)年
本社を東京都千代田区に移転
1995(平成7)年
兵庫県南部地震の災害復旧に全社を挙げて対応。これにより、構造物補修の重要性が社会的に強く認知される
1996(平成8)年
茨城県つくば市に研究施設を移転、「補修工学研究所」とする
資本金:101億円
2006(平成18)年
本社を東京都江東区に移転

ショーボンドホールディングス

2008(平成20)年
株式移転方式により完全親会社である「ショーボンドホールディングス株式会社」を設立し、ショーボンド建設株式会社を当社の完全子会社とする
資本金:50億円
2009(平成21)年
本社を東京都中央区に移転

本社ビル(東京都中央区)

補修工学研究所(茨城県つくば市)